50年に渡る職人技。他にはないゆるい靴下

絶妙なルーズフィット感は50年の靴下研究から生まれた。

それは広島県・備後。のどかな山村地域で50年に渡り、人にやさしい靴下を研究し創り続けている桒原(クワハラ)ニット。決して大きな工場ではない。しかしその中はまるでタイムスリップに会ったような昭和の古い編機が並んでいる。もう日本にはあまり残っていないB式といわれる編機。昭和の時代に日本各地で使われていたという。

amikiしかし次第にこの古き編機は中国などの国外は流出していった。確かに本物が創れる。しかし数値制御の大量生産型の靴下編機と比べるとその効率は極端に落ちる。それでも古きよき編機を使い続ける特別な理由があるという。・・・

それは、納得のいく靴下を創るにはどうしてもこの昭和の機械が必要なのだそうだ。それは、はいていることさえ忘れてしまうほどやさいい靴下。締め付けないのにズリ落ちない絶妙なルーズフィット感にこだわり半世紀の月日が流れた

 

「はいていることさえ忘れてしまうやさしい靴下」

桒原ニットの社長は、福祉相談員の資格も持つ。足が悪いひとや年配の方。さらに足がむくんでいる方などに実際にはいてもらっては感想を聞き続けてきた。とにかく足の悪いひとにとって苦しいのは締め付け感。だからといってブカブカではズリ落ちてしまうし転ぶ原因にもなってしまう。そこで研究し続けてきたのはゆるいのにズリ落ちない絶妙なルーズフィット感を有する靴下。独自に編機を改造し、また、原料となる糸からこだわり他には類をみない無圧靴下を創りあげてきた。

ありがとうと言われる靴下

桒原さんの靴下は、はいた瞬間感動さえする。そのやさしさとふんわり感は初めての感覚。一度この靴下をはいてしまうと他の靴下をはくのが辛くなるほど。だから一度桒原さんの靴下をはいた人は必ずと言っていいほどリピーターになる。以前、数年にわたり福祉介護系の展示館に小さいながら出店していると、毎年毎年同じ人が桒原さんの靴下を購入しに訪れていたという。何人も何人も。しかも遠方から桒原さんの靴下を求めて訪れる人が後を絶たない状態だったそうだ。桒原さんは購入して頂いたお客様に”ありがとう”と言われる。それほどやさしい靴下だからだ。

それは”ありがとう”と言われる作品ともいうべき靴下を50年に渡り研究し続けてきた桒原さんの技術と真心を物語っているようだ。

【関連サイト】足の甲が寒い ゆるい靴下 楽な靴下 自宅用靴下 リラックスできる靴下

あとのつかない靴下 寝る時の靴下 ゴムのゆるい靴下 ゆったりした靴下 ゴム無しソックス


Copyright © ゆるい靴下 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.